「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ダディとの再会

ただいまー。
昨日、無事にロンドンへ帰ってきました。

飛行機の中では・・・というと、朝5時半起きだったということもあって、お疲れのポピーは離陸の際の授乳でコロリ。トータルで今回は5時間近くは寝てくれたかもしれない。(私は一時間弱)一緒に帰省してくれた、なおちゃんのこともちゃんと覚えていて、飛行機も「ああこれかー」という感じ。

そして、ダディ待望の再会。

実は空港についてから、1ヶ月間見ることなかった白人たちを見て、ポピーはなんとなくダディ探しをしている雰囲気があった。だから、ダディに会うと喜ぶだろうなーっと思っていたのだけれど、反応は、ちらっとニコリとしたものの、特になんて風でもない。まあ、疲れているしなあー・・・と帰路に。

車に乗り込んで、なつかしいカーシートや、おもちゃをちゃんと「これこれ」と思い出している様子。土地の雰囲気も違うし・・・という感じなのだけれど、私から見れば、ある種の「ショック」でもあった様。呆然と自分の世界に入っていた。まるで、「また生まれ変わった?」みたいな・・・

空港でトイレに行く暇なく出てきちゃったので、サービスエリアでトイレ休憩。
車へ帰って来たら、ポピーはダディに抱っこされながら泣いていた。
で、私の腕の中に入るとピタリと泣き止んだ。

その後、車の中でもダディがあやそうとするたびに、ポピーは大泣き!

ポピーは、ふらふら睡魔とショックの中、ようやく最後の15分ほど寝付いて帰宅。(もちろん車の停止と同時に目を覚ます)家の中に入るとなつかしそうにしていた。ナツメグはお出迎えで歓迎。「にゃんにゃん」に近い言葉を発声して、近づいてたから、やっぱり猫はにゃんにゃんだと分かったのかもしれない・・・

b0027781_2528100.jpgが・・・
再び、ダディが気を取り直してあやそうとするのに、ポピーは泣いて抵抗する。もう顔見るだけで泣く、声聞くだけで泣くは、怯えるわ・・・

これって???
思い出したのは、4年ほど前のクリスマス時。
旅行にでかけることもあって、ナツメグを1月ほど義両親宅へ預けたことがあった。

ひさしぶりだから、すりよってきてくれるものだと思っていた私。
でもナツメグの反応は・・・私たちの顔を見て、逃げたのだ。
ちゃんと、確認して、わかっているからこそ、逃げた。

ナツメグにとって、私たちが1月も置き去りにしたことは屈辱で、彼女なりに怒りを表現していたのだった。もちろん、1日もすれば、「許してやろう」と言わんばかりにすりよって来てくれたけれど、その時、改めて犬と猫の違いを感じた。社交性のある犬なら「ま、いっか。帰ってきてくれたんだもん。」と辛い思いをしたことも瞬時になかったことにしてくれるのだけど、猫は「ひどい。私を置き去りにするなんて」が先に来るのだ。

ポピーがダディをダディだと分かっていたことは確かだから(なおちゃんのことも覚えてたし)、まだ社交性を学んでいないポピーにとって、猫的な反応をしたのはそれだけダディと離れてしまって淋しかったということかもしれない。

朝起きてみると(朝と言っても4時半)、ポピーはダディにもニコニコ。
ダディももちろん、ほっとした様子で遊んでいた。
[PR]
by nu2meg | 2005-10-31 01:28 | 子育て

あと1週間

b0027781_1157239.jpgたらたらと、久々にスケジュールのない日々を過ごしてきたけれど、そんな日々ももう少し。

毎日することと言えば、母のお店にてくてく出かけること。(徒歩数分)ポピーもこの不思議な生活?にも慣れ、私が見えなくても大分平気になってきた。

そんなポピーの大のお気に入りは、太陽電池で首と前足を動かす招き猫。
店の近所には猫がたくさんいるおうちもあるので、猫尽くし。
ポピーのわけのわからない言葉も、どうも「にゃんにゃん・・・」に聞こえる今日この頃。

b0027781_1214113.jpg昨日は豊岡の「大石りく祭り」に行ってきた。・・・といってもあいにくの雨模様。。。
「りく娘」は兄嫁の妹さんのみほちゃん。とってもキレイ!

b0027781_12222566.jpg










せっかくなのでアップ写真も。


b0027781_12173024.jpg

帰省中に、ポピーが歩きだすかもしれないなあ・・・と思っていたけれど、どうやら一歩手前でイギリスに帰ることになりそう。ダディには吉報。一緒にはじめの一歩が見れればいいのだけど・・・(歩き始めたら飛行機の中が大変らしいから、マミーにも吉報だ)

そうそう、1人で何もないところでも立ち上がることはできるようになりました!



Dear Daddy

Life in Yoka is nice and simple.
I enjoy going to Pekopeko to see Oba-chan. Can you see my photos on the wall? SO many!!

I love seeing solor powered cat in shop, and visiting lots of cats nearby. People say that I am very good at saying "Nyan-Nyan" which is japanese Cats' sound... (meaw meaw)

Miho chan was beautiful yesterday, although it was really bad weather. Kimono looked fun, but heavy! She hardly moved!!

I am now able to stand by myself! yes, I am a big girl with lots more hair!

Love, Poppy xxx
[PR]
by nu2meg | 2005-10-24 12:13 | 日常

宣伝

b0027781_11455934.jpg 日本出版社さんからのこの猫雑誌の、「英国の飼い猫たち」にナツメグを登場させていただきました!この雑誌、初めて見せていただいたのだけれど、こってり猫!かわいいーです。その裏表紙に発見した広告もちょっと気になった。猫のテーマパークにゃんだパーク。猫120匹放し飼い!(千葉県)

そうか、捨て猫になってしまう猫たちも、こういう場所でかわいがられれば幸せだなあーっと思ったのでした。

b0027781_1151531.jpg

そしてこちらは、とっても素敵なカヨコさんの本。メールが届いたのでそのまま紹介しますー。

『このたび10月24日前後に東邦出版より、私の著書「I ラブ 英国フットボール」が発売されることになりました。内容はタイトルの通り、英国のフットボールについてですが、フットボールを知らない方、英国に興味がある方にぜひ読んで頂けたらと思っています。またヴェルディの某キャプテン(笑)にもご協力頂き、日本のサッカーについても若干触れました。
そして、表紙のデザインは面識のあったソラミミスト 安齋肇さんに担当して頂き可愛く仕上がりました! 』
[PR]
by nu2meg | 2005-10-24 11:58

その後・・・

b0027781_16135749.jpgのんびり、そして着々と実家での日々が過ぎている。昨日はお風呂に入れる時に便利な赤ちゃん浮き輪を購入。これはポピーにも大うけだった。

いつもお風呂には一緒に入っているのだけれど、一人で入れる時って大変。日本のお母さんたちは一体どうやってお風呂に入れているの?っと思っていた(ベビーバスがあれば別だけど)。

うちのお風呂はジェットバス付きなのだけれど、このジェットバスもポピーは何気にお気に入り。お気に入り・・・というか、あのブクブク音はどうやら赤ちゃんにとって安らぎ音らしく(勝手にそう思うだけだけど)、最初は「何コレ?」って顔していたポピーも、慣れてきたこのごろは、あの音とたっぷりなお湯につかって、更におっぱいでも飲もうものなら、おねんねモード。この間はそのまま本当に寝てしまって、布団へ直行したくらい!

b0027781_16223749.jpgポピーは、人にも慣れてきた様子。
私自身、こっちに帰ってきて初めて気づいた日本の文化の面白いところがある。それは、「抱っこ」文化。通常、ハグ(抱擁)が挨拶になっている西洋文化なら、赤ちゃんもあちこちで抱っこされると思うと思うのだけれど、それがそうじゃない!ロンドンだから?なのかもしれないけれど、会ってさっそう「抱っこさせて」といわれたことはないし、「奪われた」こともない。

ところが、ここが田舎だからか知らないけれど、ここでは「まあー!させて抱っこさせて!」とみんな抱っこしたがる・・・(で、時には手から奪われる!)

そんな調子だから、ポピーは否応なく、毎日誰かしら「知らない人」に抱っこされている。当然、大分慣れてきたようで、私を見て一生懸命に「助けて!」という目をしているものの、「しょうがないあなあ」と抱っこされていることも多くなったし、抱っこされただけでは泣かないから、「人見知りもないやん」と言われる。

b0027781_1630393.jpg話は変わって、私たちが大学を卒業したとき、バブル崩壊直後だったこともあってか、Uターン就職者も多いから、何気なく同級生もちょこちょこいる。そのほとんどはすでに数人の子持ち。写真のゆずきちゃんは、同級生の4人目の子でポピーとは5日誕生日が違うだけ。

b0027781_1635293.jpgよーく考えてみると、写真に映ってる友達のほとんどが、自分が保育園にいたときの写真にも映っているくらいからの顔なじみ・・・になるわけで、その子たちが小学生の母とかになっているのだから、すごく不思議な感覚。子どものころは友達のお母さんでも、お母さんやお父さんの年頃になればすごく大人だと思っていたけれど・・・ 学校の参観日に出会うなんて話も聞いて、実際に私は体験しそうにもないから、余計に面白いなあと思ってしまう。

b0027781_1638124.jpg最後のこの写真は、子どものころよく遊んだ幼稚園で、みずきちゃんと。幼稚園は、そのころ住んでいた家から1分もかからないところにある。小さなころ遊んだ遊具はあれこれ変わってしまったりしているけれど、それにしても遊具の出入り口の小さいこと!われながら、よく入れたなあーっと思った。(さすがに子連れじゃないと入ってみないものだから、一体何年ぶりだろう?)


Dear Daddy

How was Italy?
I am enjoying Yoka life. Look at my float! It's good fun!! I love bubble bath as well!! - I wish I have same one in London! The sound of bubble made me really relax and the other day, I really fell asleep in the bath... I was carried to the Futon without me realising.

I am now quite used to be carried by other people. In fact I have no choise at all. as most of people in Yoka want to give me hug, a minute after I first met them. Some of Obatarian grabs me as soon as they see me!!! I did not know that japanese people are so keen huggers!

I met lots of Mummy's friends and their kids. I am very young compare to most of the kids. You see Yuzuki, who is the 4th child of Mao's sister. The last picture was with Mizuki who used to live in Osaka. I played with her in pre-school.

Oh, you must notice my first red shoes! Actually, I am not very fond of it as it is as heavy as ski shoes to me!!!

Love, POPPYXXXX
[PR]
by nu2meg | 2005-10-17 16:47 | 日常

法事と秋祭り

b0027781_10341077.jpg今回の帰国をこの時期にしたのは、祖母の3回忌があったから。ポピーも初めての法事に参加した。・・・と言っても、法事が始まって15分もしたころには、お経本を噛みはじめ、取り上げようとするとぎゃーっと叫びだしたので退室。始まったときは、静かに場の雰囲気も楽しんでいた様子だったのだけど。

b0027781_10371033.jpgなんだか黒い服の人がたくさんきて、いろんな人に抱っこされて、ポピーにとって不思議な日だったに違いない・・・






b0027781_10413171.jpgそして翌日は秋祭り。近所の人の気配りで、はっぴを着せてもらえることに。子どものころと変わらないハッピを着させて、だんじり行列に参加。ポピーはこれまた不思議そうだった・・・







b0027781_10453256.jpgお昼からは、祖母の家へ行き、そっちの秋祭りに行く・・・ということだったので一旦帰宅。そしてここぞとばかりにニーナにもハッピを着せてみる(コレ、内緒でよろしく)





b0027781_10481041.jpgニーナはちょっと迷惑そうだけど、妙に祭はちまきが似合ってかわいい。



b0027781_10494213.jpgそして最後の写真は秋祭り恒例の餅まき。いくつかの御餅には番号が書かれていて、その番号つきは景品が当たるというもの。お宮さんに着いたとたんに、ポピーがようやく寝んねしたので、私は餅拾いはできないなあーと思っていたものの・・・いざ、自分の足元に転がってきてしまうと、ついつい手が・・・(で、ポピーを起こした・・)

ちなみに叔母ちゃんはなんと一等賞をゲット。一升瓶の酒を抱えて家に帰宅した。

ポピーはこの二日間、お昼ねがほぼ皆無。もうあれもこれもが新鮮だから、早々寝ていられなくてかなりお疲れ。 


Dear Daddy

I am having crazy days. Something strange is going on in Yoka.
Lots of people came with black cloths. Mummy dressed me in black as well. There was some chanting going on, which made me feel quite peaceful, but I found chanting book even more interesting and tasty.

Mummy wasn't too keen for me to chew on it, so I made big fuss! I was taken to another room... actually, it was good move, as I could sleep a bit, before going to temple later on. Temple was very nice. Mummy thinks that daddy would like to visit there, too!

The very next day, I made to wear something called, Happi Mummy said that she used to wear it for autumn festival as well. Oba-chan said I look like a boy in it! We walked with Omikoshi around the neighbourhood. there was a drum in omikoshi and lots of kids are around, which was fun to watch.

We went to see Great grandmother for lunch and festival in Horihata.
Big Obachan called me haruka, my Japanese name for change. Lots of people there as well! I was very tired, so I slept when I arrived at shirine in horihata for Mochi-maki (flying rice cake) Mummy actually picked up some of them, so I had to get up again!!

After all those events, I am just so exhausted... Too much fun to sleep, but baby need to sleep!!!!

I am having good fun!
I am a lot better playing without mummy as well!
Oh Daddy, comgratulations for your wedding anniversary!

Love, Poppy xxx
[PR]
by nu2meg | 2005-10-10 10:56 | 日常

おでかけ

b0027781_9264549.jpg日曜日、神戸へおでかけした。今回は田舎でゆーっくりするつもりだったのだけれど、妹の結婚式の衣装合わせがあるというので・・・

前日に父が腰を痛めたので、母と3人電車でお出かけ。三宮までは2時間強。ついてからランチまではお買い物。

b0027781_93532100.jpg肝心の衣装合わせ。
母も妹の婚約者もポピーの写真を一生懸命に撮ってくれたりしてて(笑)、午前中に久々の都会で都会疲れした母は「もうどうでもいいやんー」

ポピーはというと、大きな鏡があちこちにあるのがうれしくて、自分の姿を見るのに忙しい。ガラスのドア越しに見える私や母の「いないいないばあ」(隠れているわけじゃないけど)に大喜びで、ゲラゲラ大笑い。妹のドレスに興味を示したのはかなり時間がたってからだった。

b0027781_9405993.jpgその後は妹のアパートに行って、ニーナ(ミニ・ダックス)にご対面。相変わらずちょこまか忙しい犬。その様子にポピーも最初は戸惑っていたけれど、ちょっと間したら慣れた様子。ニーナも子どもはあまり得意じゃないらしいけれど、ポピーのことは気に入ったらしい。ナツメグも一緒に対面できれば面白いのに・・・

b0027781_9424537.jpgそしてまた、電車の時間までお買い物。
電車に乗ったらすぐに寝るだろう・・・と思ったのはやはり甘い考えで、ポピーは最後の最後まで眠ろうとせず、結局最後の15分くらいになってから睡眠に落ちた。この最後の写真は、「今なら思いっきりポピーを抱っこできる!」と妙にうれしげに写真を撮ってくれと懇願した母。


Dear Daddy

These are some photo of Kobe trip. Ritsuko worn beautiful dress and Kimono. yes, she is going to wear kimono at her wedding!!

Mummy and Oba-chan were busy shopping in Kobe. I have got some new books and clothes. Ritsuko gave me a toy, too.

Nina dog was very excited to see us. She was very friendly and kissed me so many times, but I was not sure what to do. Should I kiss her back?? She did not seem to mind me touching and we became good friend.

On the way home, At around Wadayama, I finally fell asleep. Oba-chan took advantage and hold me in her arm until we arrived back to Yoka!

Life in Yoka is a bit different.
Everybody seems to know my name and they all want to give me a cuddle!

Love, Poppy xxx
[PR]
by nu2meg | 2005-10-04 09:59 | 日常

里帰り

帰って来ました。
飛行機の中は大丈夫だった?というと・・・

私の睡眠時間   1時間強
ポピーの睡眠時間  4時間ほど

夕方出発の便だから、よく寝てくれるよ・・・って話はどこへ??
数的には「たいへんだったのねー」という感じ。
でも、現実はそんなに大変でもなかったのです。

b0027781_14561943.jpg・・・というのも、何かあれば同行してくれたなおちゃんもいるし、スチュワーデスさんはみんなすっごく優しくて、乗客で素敵なカップルにもであって・・・ポピーも「かわいいー」と言われ続けてニコニコ状態が多かったから。

結局、ポピーの場合は刺激のある場所で寝てるのはもったいない・・・って感じだから、嫌で泣くとか眠れないではなく、眠るのが嫌で結果的に泣いて、おっぱい飲んで、寝る・・・泣くこともあったけれど、それぞれ1分も泣いなかったし、いい子ちゃんだったと思う。

私も疲れているはずだけれど、もう9ヶ月近く、まともに睡眠を取ってるわけでもないので、そんな日もあるさ程度。われながらタフ(にならざるを得ない!)

b0027781_1512579.jpgポピーは結局、最後まで一生懸命に睡魔と戦っていたのだけれど、最後の最後は、私がスチュワーデスさんといろいろなお話をしていたときに、腕の中で眠りに落ち、飛行機を降りるときにも熟睡していた。

それにしても、スチュワーデスさんのことを、ついつい「看護婦さん」と呼びたくなってしまうほど、手厚い介護を受けられて、子どもがいるっていいなあ&日本のサービスってすばらしいなあとあたたかい気持ちで帰国しました!

ちなみに・・・
あまりにもすべてが違う環境の中。ポピーはまたまた眉間皺ばかり。。。
夜が明けて、おじいちゃん、おばあちゃんにも少しずつ慣れてきた気はするけれど、「ほうっておかれたらエライこっちゃ!」と私は一歩も離れられない!!



Dear Daddy

It has been very strange days since I saw you last.
All of a sudden, night fall off and sun rised up in vey strange way. What a hell is going on?

It was so exciting on board.
Everybody was so nice to me, especially the cabin crews. They go by me with big smile, so I smile back to them. Such a fun game!! It went on and on!!

Afterall, I was just too exhausted to stay awake and fell asleep in mummy's arm. I did not even notice when I left airplane.

Suddenly, air was humid, things are clean and smooth, and people are different...

Oji-chan and Oba-chan are keen to give me cuddle, but I am not sure... I don' like to be hold by strangers, so I decided to stay with mummy as much as possible. Mummy says they are safe, but look, it's all too strange to me!!! - and Daddy, where are you??

Oh, I found another caterpillar book in mummy's suits case. Thank you Daddy!! It was a big surprise!

Love, Poppy xxx
[PR]
by nu2meg | 2005-10-01 15:09 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。