2017年 03月 30日 ( 1 )

インド唯一の猫カフェから猫を貰ってきました。

夏にイギリスに置いてきた愛猫ナツメグが天国へ旅立ちました。
ヒーリングしてたらほぼ90パーセントの確率で現れて、一緒にヒーリングしてくれるような猫で、本当に本当に可愛かった。

ナツメグは、ロンドンのバタシードッグ&キャットホームというレスキューセンターから貰ってきた捨て猫。捨て猫ですらこんなに可愛いのに、我が子が生まれたら、どんなに可愛いことだろうかと思った日々が懐かしい。

彼女はきっと最期まで義理の父のヒーリングをしてくれていたと思う。
彼女が亡くなってかなりまもなく、義理の父が体調不良。

3月には危篤状態にまで陥って入院し、80代後半の肉体は衰弱してしまっている。
実は毎日、ダウジングで様子をチェックして遠隔ヒーリングしているのだけれど、入院中というのは本当にふと「もう疲れた・・」と思うと、グオーッと重たい霊がやってくるようで、その霊がピタッとくっつくと一気に自己治癒力が低下する・・・そこで、私が遠隔でクレンジングしていくと、ササーっとまた明るい光が差すように、肉体レベルも体調を取り戻す・・・

この数週間はもうこんなことばかりやっているのだけれど、私のダウジングの恩師でもある義父。この作業は彼の魂との暗黙のプロジェクトの様。

主人が数日おきには義母に電話しているので、実際の様子も垣間見れるのだけれど、ダウジングはかなり正確に状況を捉えている。そして彼の魂はまだ生きたいという気持ちを持っていると感じるので、きっともう最期だと心を決めるまでは、遠隔からサポートしていくのが務めかな?

話がずれたけれど、ナツメグが亡くなって、次に落ち着いたら次の場所では猫を飼おうねと言っていた私たち家族。

でもふと、それっていつになるの?と思うと、もう猫を飼ってもいいんじゃないかと思えてきて・・・5歳の息子にはペットを飼うにはいい時期だし、12歳の娘には精神安定剤としても最高だし。笑 

そして、娘の誕生日(1月)にどこか特別な場所に連れて行こうかと思っていたら、ふと猫カフェがムンバイにあるということがわかったので行ってみると、やっぱり猫はいいねえーっとなり・・・

一応大家にお伺いを立てて(通常インドではスキップするらしいけど、お伺い立てたら、弁護士にまで確認を取ったという、さすがなうちの大家さん・・・)許可を得て・・・でも主人が最後まで簡単にいいよとは言わず・・・2月にようやく許可を得た。

さあ、今日こそ探しに行くぞーっとキャットカフェ再訪問。
あ。一応説明しておくと・・・
日本の猫カフェと違って、ここのカフェはもともとが普通のオフィス。たまたま猫好きが集まっていたから、捨て猫を保護するようになって、いろんな人がやってくるものだから、お茶を出すカフェに成長して、カフェには猫が30匹ほど。その猫たちは全て、新しい飼い主を待っているというシステム。

私と主人は「この子いいねえ〜」と思った子が同じだったから、その子を連れて帰ると思いきや、最も欲しがっていた娘は、「いやいや、早急に決めることじゃないし」とピンときてない。一方で息子は「僕はこの子がいいの!」といって譲らない子がいて・・・

娘が、もうどの子でもきっといいよ・・・と言い出したので、子どもに決定権を譲って、息子の「この子!」をもらうことに。

カフェの人に、「この子がいいんですけど・・・」というと、「あ。その子はね、こっちにいる子とペアなのよ。」

「・・・?ペア???」

「ここの仔猫たちは、仲間に囲まれてるから一人だと寂しくなっちゃうのよ。だから2頭セットで貰ってもらうことになっているの。」

「ええええ〜!」

ということで、見せてもらったのは、ちょっと体調不良という猫ちゃん。
そしたら、一目で娘が「私この子がいい!」と言い出した・・・

「え?そういうこと・・・」

息子も娘も「この子!」を見つけたからまあ、いいんだけれど、でも2頭?
しかもその時には、主人は空港・・・
ああ。即決できないー。ということで、とりあえずその日は保留で帰宅。
よくよく考えて、2頭セットでもらうことに決めたのだけれど、どうにも体調不良な子が回復しない・・・結局は、1匹だけ先にうちにお迎えして猫のいるインド生活が始まった。

b0027781_00561155.jpg

左が息子が気に入った スティッチ(男の子)
右が娘の気に入った ライロ(女の子)
ともに今5ヶ月ほど。同じ保護所から来たらしいけれど、血縁関係はないそう。

スティッチはちょっとナツメグっぽい、とっても賢い子。子ども大好き&好奇心旺盛、ちょっと犬っぽくもある。
ライロはまるでうちの娘のように、心配性でセンシティブ。でも態度はでかい・・笑。特記すべきは、甲高いガーリーな鳴き声。よくお喋りしてくれる(それを訳してと息子に要求される)。

仲良しと聞いていたけれど、ライロがやってきた時、ライロはすっかりスティッチのことを忘れていて、超警戒モード。

2匹は3−4日離さないとひどい喧嘩になりそうな感じだったので、バッチフラワーレメディのましたりして(笑)ストレス緩和。でも今ではほーんとに仲良し。二人で体を舐め合ったりもしてるし、仲睦まじい。

インドに来て良かったねと言えることを、住んでいる間に1つでも増やしたいねという気持ちもあったのだけれど、猫ちゃんたちに会えたのも、インドに来たから。子どもたちもいい思い出として忘れない場所になると思うと、なんだか嬉しい。

無条件な愛を注げる対象が身近にいるというのは、赤ちゃんがいる家みたいで、なんだか心地いい。2匹って・・と思ったけれど、実際には猫を放置してる時間も多いし、2匹いるとちょうどいい感じ。いたずら盛りの2匹だけれど、子どもたちが「見てみて、かわいい〜」と言っているのを聞くと、やっぱり猫はいいなあーなんて思ってしまう日々。

そして私たちもインドに来て1年。
あーっという間。
とりあえず、大きな事故にも病気にも遭わず過ごせていて感謝。

[PR]
by nu2meg | 2017-03-30 01:18 | インド

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧