2009年 07月 16日 ( 1 )

アップダウン

私はすっかり元気になったけど、他のふたりはもう一歩な日々。

月曜日の朝、タロットにお客さんが来ていた。
お子さんと一緒にいらっしゃったので、ポピーはシャイながらも楽しそうに遊んでいた。
そしてバイバイした後、ふと気づくとポピーがほてった感じ。
さっきまでフツーに遊んで、あーんなに、バリバリクラッカーも食べてたのに・・・。

サッサとアコナイトあげて、様子を見たら、あがるあがる・・・
一気に39度。
結局11時半から4時間、かなり集中的にあれこれレメディもあげたけれど常時39度前後。
まあ燃やすもの燃やしてくれればいいか・・・と構えていたけれど、さすがに「こんな急変」はみたことない・・・。と心配になってしまった。

心配って言うのは、タロットでは「ソード」なのだけど、ほんとに頭の中の世界であって、現実ではない・・・。なのに振り回されてしまう・・・。ポピーは39度あっても、意識はハッキリしてるし、おしゃべりもするのだけれど、「あつい・・・あつい・・・ほんとにあついー」なんてヘラヘラ声で言ってるのを聞くと、コレといった症状があるわけではないのに、なんで熱なんだ???と不安になってしまったのだ。
・・・で、心配の先には敗血症・・・
昔の職場で、ダウン症の利用者がおでき原因で敗血症になったから。

あちこち、傷だらけだし、数日前にどういうわけか、指の付け根も化膿してて。膝の時と同じく、どういうわけか、白い膿がぼこっと出てたりして・・。(シリカで追い出されてるのかなあ?)

ちなみにローレンスもこの間のおできで、もうちょっと待てば?って時にNHSダイレクトに駆け込んで、抗生物質をもらってきたのだけれど、その際も「こんなに化膿してて危険だ!」と脅かされたらしい。(だから、ローレンスも妙に心配して、会社から電話くれて「変な様態だったら、迷わずに救急に駆け込め!」なんて言っていたと思ったんだけど、実は彼が心配していたのは、豚インフルエンザだったらしい)

そんなこんなで、4時間後、ふと熱が下がり始めて、果物でも食べるかと聞くと、大喜び。ガツガツとモモと林檎とナシを食べつくし・・・その後、お腹すいたー・・・と言い始め、パンケーキを食べたいと言うから、夕飯だけどこんな時は食べたいものを食べるのが一番だろうとパンケーキを作り・・・。なーんだ、よかったよかった・・・と思っていたら、その後また熱が・・・。

今度は38度5分程度だったけれど・・・
その夜、たーっぷり寝汗をかいて、朝はスッキリしてました。
朝、元気になった良かったねーと言ったら、「ちゃんと自分の身体は自分で護ってるから大丈夫」とか行ってました・・・。

過ぎてみれば、敗血症の心配なんてー大げさなー・・・なのだけれど、病院に行って、化膿している所があって・・・といえば、きっと抗生物質だもんね・・・。そう思って、火曜日に友人宅で話をしていた時に、彼女が持っていたパイロジェンもちょっといただいてきました。ホメオパシー版の抗生物質といわれる、腐った急肉から作られた敗血症のレメディ。

あげるとやっぱりヒットしたみたいで、手の化膿もかなり良くなった。(一体なんなのか、ホントに分からないのだけれど、そういえば、小さい時に同じ場所に擦り傷をしたことがある気がする・・・。その時に癒えてなかったモノがでてきたのかなあ??)

口の周りにできていたブツブツも綺麗になってきているし、こうコレで大丈夫かなあー。
そうそう、今回何か他に原因は?とダウジングでみてみたら、ベッドの磁場が悪いと出た。
前にクリアにしていたから平気だと思っていたけれど、そういえば、何かの拍子に変化する事もあるんだった。(少なくとも、改築の際に変化もあった)

しかも、そういえば、最近はベッドの中で変な風に寝てること多かったし、ぐっすり眠れないみたいで遅くとも明け方には私たちのベッドに入ってくるし・・・チェックしてみたら、ホントに水脈とかたっぷり状態。こりゃあ免疫力下がるでしょうーと言わんばかり。

すぐクレンジングしたのだけれど、今日ポピーは何故か自分でベッドを動かしていて、ココで寝るーとかいいはじめ・・・結局、部屋の模様替えをしました。

ローレンスは抗生物質とったから(記憶にある限り初めてらしい。幼少期に指先切断しちゃってるから、その時以来ってことだろうけど、基本的には丈夫な人・・・)免疫下がってるんだろうと思う・・・。また喉がいたくなってきたらしくて・・・。

・・とまあ、イギリスの天気のように、すっきりせずにアップダウン。
クレンジング期間、長引いているようです。
[PR]
by nu2meg | 2009-07-16 05:07 | ヒーリング

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧