2005年 05月 29日 ( 1 )

誕生日おめでとう!

b0027781_529032.jpg今日はダダの誕生日。・・・と言っても、彼は友達に誘われるままに「クリケット観戦」に行ったのだけど。

クリケットって野球の元祖みたいなもので、5日間とかかけて1試合終わるという、超スローなもの。シンプルだけあって、なぜか戦略とかが凄いらしい・・・

クリケットと言えば、白衣。みんな白いユニフォーム。
この白いユニフォームを初めて見たのは、オーストラリア時代。
彼らは、クリケットではなく、ボーリングに行ったのだけれど・・・
初めて見たときは驚いた・・・一体、何しに行くの?・・・と。

で、このボーリングというのはまた、芝生の上で砲丸投げのボールみたいなものを転がすスポーツ。だから彼らは私たちが普通に呼ぶボーリングのことを「10ピンボーリング」と言って呼び分けている・・・

クリケットにしても、ボーリングにしても、なんだか時の流れが緩やか。やはり紳士のスポーツなのかもしれない・・・で、もちろんそれらが生き残っているのは元英国領のコモンウェルスの国々。

話がずれたけれど、誕生日。
本当はサプライズでどこかに行く予定でもたてちゃえと思っていたのだけど、このクリケット観戦が入ったため、ポピーと私はお留守番。ケーキを焼いて、通常の日を送った。

試合はすぐに終わるというのが分かっていて、それでも「ピクニック」もメインなのがクリケット。長時間にわたるので、みんなのんびりと新聞を読んだり、ひなたぼっこしたり、ピクニックしながら観戦という感じらしい・・・ 男4人で楽しい一時を過ごした後、ローレンスが上機嫌で帰ってきた。

テーブルの上にはカードとプレゼント。
いや、正確には両親から届いたプレゼントだけを置いておいた。
私たちからのカードには、ポピーの写真の横に「プレゼント?このポピーがヒントを持ってるかもよ」と書いておいたのだけど、ローレンスは意味がさっぱり分からなかったらしい。

時がしばらくたったのち、「で、プレゼントはどこ?」と彼。
「だから、ポピーが・・・ あ。そう、ポピーがプレゼントよ・」と私。
「なーんだ。ポピーがプレゼントか・・・」と言いながら、ポピーと遊ぶ彼・・・

私が、カードにつかったポピーの写真の裏に書いたゲームには全く気づかなかった。
その後、「なに?ホントに何もないわけ?ひどいー」と言い出した彼・・・
結局さりげなくポピーに、その写真を見せながら、「ほうら、ポピーちゃん、この写真はだーれだ?」とかやっていると、ようやく裏のメッセージに気がついた。

「プレゼント?もう今日のクリケットで充分でしょう?なーんてね、まあ、たいしたもんじゃないけど、バイブルボックスの中をのぞいてご覧」

ローレンスは子どものように喜んだ!
小さな包みが2つ出てきた。
わくわくである・・・

1つ目・・・ガーリックプレス・・・笑! 実はこれ、義母さんが買ってくれてたもの!
で、期待の高まる2つ目・・・

アイスクリーム型のミニチョコレート!

ローレンスはがっかりである(笑) でもさっと包み紙のメッセージに気がついた。
「だから、期待しないでって言ったでしょう?」

それを読んで更にがっかり・・・意地悪な妻である・・・
ただ、せっかく折り込んだメッセージには気づかないから、そこまで意地悪するのも可哀想になって、自分で種明かしする。
「ちょっとー。ココも読んでよ!」

「ま、ホントに期待するほどのものではないけれど、ポピーのタンスの中を覗いてごらん」

ようやくホンモノのプレセントにありつけた。・・・といってもたいしたものじゃなかったんだけど。このTシャツと、エコハウスのデザインブック。本は良さそうだっと思ってアマゾンで買ったのだけど、実はかなり専門的・・・まあ、いつか、将来自分たちでデザインしてエコフレンドリーな家を作って住みたいね・・・と言ってたから。。。
[PR]
by nu2meg | 2005-05-29 05:31 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧