恐ろしい襲撃に遭う。。

去年のモンスーンはカビとの戦いだった我が家。
今年は去年よりも対策をしっかりして・・・
いや、そもそも今年は去年に比べて雨が少なかったのもあるけれど(数回の洪水を伴う豪雨はあったにしても)・・・とにかくカビの襲撃には遭わなかった。

だけれども・・・
なんだか今年は小さな虫がちょこちょことフラットに現れていて・・・

その1は、去年パスタの中に発見した黒いコクゾウムシの親戚みたいな虫。
一旦開封したら、冷蔵庫の中にパスタ(もちろん乾麺)は入れるものだ・・と去年学んだのだけれど、今年はそれがどっからともなく現れて・・

とにかく粉類は危険なので冷蔵庫。
それでもどこからともなく・・・で、整理しながら密封を心がけていたら、乾燥パパドムが住処になっていたり、ある種のハーブティーまでもが住処に・・・さらには、マサラの中にまでいて、えええー!唐辛子の中に生きられる??と驚き・・・

とにかくありとあらゆる方法で、「密封あるのみ」だと学んだなあーと思ってたら・・・

廊下に置いてあった小さな娘のお手製フェルトの人形が・・
食べられてる!!

その時は、気づかなかったのだけれど、モンスーン対策で、大きなビニール袋に入れて、除湿剤と一緒にカビから守っていた数々の自然素材のおもちゃ・・その中の羊毛フェルトのお人形たち・・・

そろそろモンスーンも終わるしと開けてみたら・・・
ぎゃー!
まるでゾンビの世界・・

泣く泣く・・・ほぼ捨てました。
あれも、これも、思い出深いかわいいフェルトの動物たち。。
人形劇にたくさん使ったお人形たち。。
日本に置いてくればよかった・・・くすん。

特に天然素材でふわっとしたドライフェルトな動物たちはもう、お腹の中食べられている?って感じに思えるくらい、敵が潜り込んでいる様子で怖くて怖くて。。一旦熱湯消毒すれば、羊毛フェルトだから直せると言う気持ちがぶっ飛ぶほど、なんだか気持ちが悪くて・・・

グルッファローのお話ができるように、グルッファローと、狐と、ふくろうと、蛇とネズミはどうにか救ってあげてほしいと息子にも言われたけれど、叶わず。。。
娘の5歳の誕生日パーティーで人形劇やるために作った、グルッファロー。
ああ、、、(最終公演は去年、息子のクラスで。。)

その2の犯人はモス。
モスノーとかで名前はよく聞いてたけれど、実物があれだとは思わなかった。。。
小さなスリムな蛾です。

なぜかキッチンでよく見かけてた・・・
どっから出てくるんだ?と言いながら・・・
んん??キッチン??

やっぱり・・・オープンスペースに置いてあった、手作りの羊毛コースターも穴だらけ。特に下のあまり日常に使ってない部分に住み着いていたらしい。
もう、あちこち、可能性のあるところに目をつけては、気合い入れてチェック・・

しているうちに、これまたランチョンマットの下のコルクの部分がかじられているのも発見・・・

頭の中は、まるでウジムシの襲撃にあって、どんどんと自然に還っていくイメージ。。もう気持ち悪いったら。。

そんな夜、夢にはそんななんとない雰囲気の中で、小さなものが動いていてギョッとするイメージがなんども。。。これ、トラウマになるわあー。

カビの方がまだよかった。。。

放置してたら、すっかり影形なくなるまで食べられてたんだろうか・・
しかも、それまでにかかる時間はどれくらい??
(多く見積もってもこの2ヶ月であれだもん)

夏休み前にインドで作ってみたお味噌。
発酵までに3ヶ月で出来ちゃったけど、同じプロセスはロンドンで2年かかってる。
もちろん気温のせいもあるけれど、この国、なんだか発酵や分解力が半端じゃなさそうなんだけど・・・(建物も築年数の割に古く見えるし、そう、老化が早い!)

ロンドンの地下室に置きっぱなしの荷物。それなりにカビ臭さはあったけれど、想像以上に普通でなんだか時を感じなかった・・・(7年以上経ってるのにね。)インドだったら、もう跡形もなく消えてるか、一気にアンティーク化してるな、こりゃ・・・

その日暮らし的な気質を持つインド人がちょっと理解できた気がしたりもして。。。

はあ。それにしても虫は苦手だわ。。

[PR]
by nu2meg | 2017-10-16 14:29 | インド

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧