やっと日常

・・・というわけで、一気に書いちゃったけど、ゲストも帰って、やっと日常です。

新学期スタートということで、学校にも新しい人が来たりして、入れ替わりの激しい学校であることを再確認。

息子はキンダーになり、お勉強も少し始まります。
シュタイナー的には私は早期教育反対なので、学校のスタンダードに合わせなくていいやくらいな気持ちだけれど、こども心には周りが出来ると、自分も頑張らなきゃ・・・みたいな気持ちが芽生えるらしく、なんとなく窮屈さを感じている感じ。

息子にとって、選択肢はないに等しいから、ここでやっていくしかないのだけれど。(多分、インドのインターナショナルスクールの方がもっと早期教育好きそうだしね) シュタイナー環境にいて、森のようちえんでのびのび過ごさせてあげられていて、急に一般の「もう5歳だから字くらい読めないと」という感覚に触れた時、自分がいかにマイナーなのかに気付かされます。

まあ、この環境も息子が選んだ環境にすぎないから、頑なに逆らうことなく、でも流されて自分の軸を見失わず、サポートしていければと思うのだけれど・・・。

一方で、娘はミドルスクール。
日本だと6年生の2学期だけど、一気に中学生の仲間入り。

キャンパスはまるで大学生?というように、自分の教室がメインではなく、専科の教室に移動しての授業。しかもそれぞれの生徒がそれぞれの時間割で、例えば社会や理科は2クラスに分かれれてて、どちらか・・みたいな感じなので、時間割見ながら自分のクラスにたどり着き、また移動する・・・という感じらしい。

本人のもっぱらの不満は、「遊ぶ時間が全くない!」ということ。
教室の移動に休み時間を取られるから、本当に遊べないらしい。
そして、一気に宿題が増えて、その提出具合から、課題をどうこなしたかまで、本人も親もあるサイトにアクセスすれば確認できるシステム。

無言の赤点通知システムというか・・・笑
コンピューター管理されてます。
赤点たまると、呼び出しくらうそうです。

親の言うことを聞かない時期の子どもたちだから、こういうシステムがあると、親的にはとっても楽だけどねー。(どんな宿題が出てるかも一目瞭然だし)

お昼ご飯も、持って行かなかったら、学食で好きなものを選んで買って(IDカードにプリペイするのでキャッシュレス)という感じ。キャンパスは、中学生と高校生がいるので、なんだかすごく大人社会に見えます。

一応、ホームルームみたいな会もあって、普段の仲間でお勉強以外の時間もあるらしく、その担当の先生がアドヴァイサー。担任のことをアドヴァイサーって呼ぶって、なんだかなるほど・・・ラッキーなことに、とっても素敵な先生方(2人)です。

息子と娘のキャンパスが離れてしまったので、ちょっと面倒なこともあるけれど・・・
まあそんな中、ようやく私も、九月から週4のヨガのクラスに通うことに。
こっちきてすぐに夏休みだし、、、と、何も始められないでいたので。(学校のヨガには行ってたけど)

ヨガは身体の柔軟性いかんのためではなく、あなたの生き方をどうするか・・・のためです。

そんな文章が心地いい、世界で一番古いヨガ道場に、通ってみますー。一度メディテーションクラスに行ってみて、そのローカルな雰囲気が好きだから通ってみることに。もうちょっと身体の柔軟性が戻ったら(30年前に戻したいって無理?)、ティーチャーコースとかも受けてみたいけれど、まだまだ硬いなあー。笑 
[PR]
by nu2meg | 2016-08-29 17:20 | インド

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧