3人目ならず

今日はbt8。通常7日目に判定日なのだけれど、どうしても都合がつかず土曜日KLC。
両親が旅行途中に来ていると言うこともあって無駄に時間を拘束されたくなく、初めて7:30オープン前に到着。再診4階へ…と進み、列の最後尾を求めて非常階段を下ること下ること…あっという間に1階まで‼︎ 77番でラッキーな感じ!

でしたが、タイトル通り3人目ご懐妊はありませんでした。
着床すれば生産されるhcgホルモンの値が30切ってました…
BT(移植後)7日目で50欲しいところ。8日目だと100欲しいところ。

アシストハッチングしてたので、継続される妊娠であればもうちょっと高くてもってくらい。

着床した自覚はありました。
経産婦だからだと思うけど、右側に着床して子宮が変化してるのが分かったので。

でも、BT6の夜中にふと、妙な冷えを感じてどきっとして起きたのがちょっと気にはなってました。朝の体温は37度前後を保ってたけど… 思い返せばたまごちゃんの生命力が途絶えたのがその時だったのかも… なのでもしBT7に判定受けに行っていたら、ちょっと微妙な数値だったかもと思います。(きっと昨日より下がって来てるから)

中途半端に妊娠して流産や死産になるなら、私ははじめから無かったことになる方が嬉しいと思っていて、それはたまごちゃんに念じてたので、諦めがつく数値をBT8で判明出来たのはラッキーだったと思います。

それでも医学的には着床をしたので化学流産と言うことになるけれど。化学流産は普通にも多く起こっている(生理がちょっと遅れたかなと言うくらい:妊娠検査薬が出て来る前には一般的じゃ無かっただろうけれど)ので、もしかすると初体験じゃないかもですね…

10日後に経過見には必ず来るようにと言われました。ホルモン値がちゃんとリセット出来てなければ処置が必要と言うことでしょう。心拍確認が出来なかった場合の稽留流産に比べたらリスクはとっても低いと思うけれど。

医師に「数値がとても低いので生理が来ることになると思います」と言われたとき、やっぱりちょっと残念な気持ちがしました。でも、素直にそう思えた自分が嬉しいなと。現実問題、子育ては体力をとっても消耗するし、また1からやり直しはこの先あと少なくとも4年はほぼつきっきりでこどもにエネルギーを費やす… そういう億劫さを思うと何処かホッとした自分もいると思うので。

着床した時点で、女は母になるんだなぁ〜としみじみ。

心は、どっちに転んでもOKと思っていたとおり、哀しいということもなく、ニュートラル。
ようやく少しずつ子育てから解放される時間が増えることで、より自分のやりたいことも出来るんじゃないかなと思うと、保留にして来ている部分を見つめ直す時期かなと楽しみでも。

4年眠っていた眠り姫たまごちゃんはこの世に生まれてくる事はなかったけど、何か大切なものを私に与えてくれた気がします。
[PR]
by nu2meg | 2014-10-04 21:40 | 体外受精

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧