移植日決定

その後の水曜日、移植日決定予定で再来院。
こどもをようちえんに送って、もしかしたら遅くなるかもしれないと伝え、急ぎ足でKLCへ。
小金井公園からだから結構時間がかかった・・・(娘の時は自転車20分だったけど)

いやあ、待つ待つ・・・
でも、こども抜きでお茶して本読んでって贅沢な時間!
なんて思っていたら、一気にどう考えてもお迎えには間に合わないでしょうという時間に。
甘かった〜。

すみません、大幅に遅れてしまいますとメールして、まだかまだかと自分の番号を待つ。
そして呼ばれてさらりと一言。

まだホルモン値が上がって来ていないし卵胞も小さいんで、また4日後に来てください。

ええーっ
ああ、たったの3日でOKなんて甘かった。。。
そしてちょうどお迎えの時間。

今終わったので、小一時間で戻ります‼︎‼︎と、ダッシュ。
先生方もお友達もいっしょに待っていてくれて感謝…


4日後というのは土曜日で・・・
娘はシュタイナー小学生クラス。
主人は、翌日のトレイルラニングレース(60キロ)のために出発。

娘は同じクラスに通う友人に託して、息子はしょうがないので連れて行くことに。
アンパンマン、喜んで見るかと思っていたけれど、診察機とおしたら採血へとサインが出ずにそのばで待つようにと出た。(多分、不備だと思うけれど:連番の人達採血に案内されてたし)結局30分くらい採血まで待たされることに。(はあ。)

子連れ用の待合室、アンパンマンべや(アンパンマンのDVDが延々と流れてる)で待つこと2時間!とりえずこの間は秘密兵器のiPadは隠しておいて・・・内診と診察前に活躍してもらいました。(持ってって良かった。やっぱりああいう場所で騒がれるとこども待ちの人は良い気がしないと思うし)

結果、移植日は6日後の金曜日に決定。

娘を預けた友人ともう一人、娘の幼稚園時代仲間の友人をお泊り招待していたので自宅に戻ったら賑やかでした。・・・が、すっかりスプレキュア18:00というのを忘れてて!どっきり!お風呂に入ろうとした時だったから、もうタオルまいて慌ててスプレキュアへ突進…

しかし、紙がないー。どこどこ??と慌てふためく中、とりあえず、こんな感じだったはずといい加減に点鼻。その間に友人がこれ?と見つけてくれて確認すると、右左右! あっ右左しかしてなかった・・・とへろへろに・・・いやあ、この気合の入ってない風なところが失礼きわまりない・・・と自覚しつつ30分遅れでからまあ大丈夫!と思い出したことそのものを褒めた私でした。笑

日曜日、ちくちく・・・と排卵痛をかんじたのでよしスタンバイOK〜
グレードEの胚盤胞だったと記録していたので(自分のブログで確認 笑)まあ、期待もせず。でもベストなコンディションで臨もうと思ってます。
[PR]
by nu2meg | 2014-09-23 22:11 | 体外受精

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧