4年ぶりのKLC

KLC(不妊治療のクリニック)から半年毎に送られてくる冷凍保存料金の請求書を受け取るたびに、次の請求書が来るまでに決断しなきゃね・・・といい続けてこんなに年が経ちました・・・

冷凍保存されているのは、受精して分割を繰り返して着床を待っている胚盤胞。
クリニックによっては2つくらい戻してみるという選択があるらしいけれど、KLCは多胎児は推奨しないので1個のみ。

もし2個一緒に戻していて2つとも命になっていればもう3歳。
先に残っている方を戻していて、そっちが命になっていれば??

なあんて思うと、破棄するという選択はできないでいて・・・でもかといって、2人でいっぱいいっぱいの状況にもう一人がありえるのか・・なんて停滞してました。

そういえば、生理が戻ってきた時にはさあ戻すか?なんて思ってたけど、その時はまだもっとディトックスしてからとか思っちゃって・・・。


そしていつものごとく?頭の中からあまりそのことについて考えるということがなくなっていた日々を送っていたのだけれど・・・ ここのところ数件続けてタロットの依頼があったので、ふと自分のリーディングもしてみようーっとやってみたら出た・・・

心のどこかでいつかはもう1人?かもしれない?という気持ちがある以上、何も進まない・・・と。
無意識下では悶々と気になってたんだなあ・・・と。
タロットというのは、否が応でも自分を見つめるツールだよなと再確認。

とまあ、気づいたら早いです。
どっちに転んでもハッピーだけど、破棄するのはノーサンキュー。
よし、戻そう!お迎えしよう!と気持ちがスッキリしました。

胚盤胞のグレードは低いし、私ももうすぐ43歳。
そーんなには妊娠率は高くない。
母体年齢よりも卵の生命力が決め手だと思うけれど。

でも・・・生まれてくるべき命なら家族が増えると思うと不思議な気分。
3人目だということで、焦燥感もないしストレスフリーなのはラッキーだと思う。
もちろん、また1からのスタートと思うと「え?それあり?」みたいな気になるけれど(タロットにも出てた)、もし再スタートでもそれは最後の再スタートだもんね・・・。体力的にはきついかもだけれど、なんとかなるはず。


D13は土曜日。昨日行ってきました。
ひさしぶりのKLC。
診察券使えるのかなと思ったけれど、再診のマシーン通したら、時差がかなりあったけれど(笑)ちゃんと出てきた。592番。4年前は一日だいたい500人とかと記憶してたけれど、土曜日半日でも650番くらいまで出てた・・・更にすごい繁盛ぶりだなあ・・・ほんとに。

受付に寄るように指示されていたので行くと(全て変わっててどっちに行ったらいいのやら?状態)カルテを確認するので待つようにといわれる・・・そして待つこと既に30分以上!思わず、忘れられているのではないかと催促に行きました。笑

先が思いやられるー
久しぶりということで、医師とのお話からスタートだそうで・・・5階診療室前で待つようにと言われて行くと、座る場所もなし・・・というくらい混んでて座れるまで15分くらいかかる・・

医師と軽く流れを話して、採血、検尿、内診、最後に医師との話という流れ。
9階にあったカフェもなくなっていた。あんなに人がいたら、確かに座る場所をもっと確保するほうがいいよね・・・でも味気ないパンとかが入っている自販機がおいてあるのみたら、淋しい気も。

支払いまであわせて約3時間半でした。
いろんな検査も含めて1万7千円ほど。KLCでは10万単位の支払いが多いから、慣れると数万で済んだと感じていたけど、久々だとやっぱり高い!と思ってしまった。笑

4日後にもう一度ホルモン値などを確認して、上手くいけばその次(多分その一週間後)にはお迎えです。

たったの3日の来院で済むので楽だと思ってしまう私。笑
でも、よく考えると、「えっ、マジ?」みたいな他人事な自分もいて・・・笑
とりあえず頭でいろいろ考えるのは停止して身を任せてみます。
[PR]
by nu2meg | 2014-09-14 22:31 | 体外受精

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30