「ほっ」と。キャンペーン

胚盤胞のお迎え

b0027781_19532154.jpg予定通り、先月採卵して凍結していたたまごちゃんをお迎えにいってきました。

KLCに新しく7階リラックスルームが出来てました。
4階は個室じゃなくて評判が悪かったのだけれど、汚名返上って感じかな?笑

グレードBの融解胚盤胞 114-123-0-16-3 
内膜は12ミリ

それぞれ、胚盤胞になるまでの時間、凍結までの時間、アシストハッチングの有無、胚の大きさ、胚の状態を示すそう。

年齢も考慮されての総合評価B判定。
45-54%の妊娠率。(Aなら55-70。そういえば貴女の年齢なら・・・と言われて50%くらいだったから、私の年齢でA評価ってあまりないのかな?)

ちなみに160マイクロメートルというのは、胚の中ではギリギリの数値で、両親に合わずおチビさん。胚が大きければ、妊娠率が上がるらしいので、胚の大きさと年齢を忘れれば、良い卵なのかな?

まだ凍結されている最後の1個はE判定。10-19%の妊娠率。
でも、それでも娘を自然懐妊するはずがないと言われて1%の可能性で妊娠したのだから、充分見込みあるか・・・なんて思えます。

もひとつおまけに・・・
写真の右下辺りの黒っぽい部分が胎児となる細胞らしい。なんかすごいなあー。ほんと・・・。
胚盤胞なので、外側の膜が24時間以内に外れて、たまごちゃんはいよいよ着床準備にかかる予定。良い場所ちゃんと見つけて、気に入ってくれると良いけれど。
[PR]
by nu2meg | 2010-10-18 20:10 | 体外受精

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28