レバーフラッシュ(肝臓のデトックス) 第4回目終了

恒例の?レバーフラッシュ、もう、今回は3ヶ月ほど間が空いてしまったものだから、したくてしたくて・・・
先日のブログにも書いたけれど、ちょっと食べ過ぎたら、肝臓が重いし、こりゃあー、「一回はじめたら、完全に除去するまで続けること。」という意味がよーく分かると思いました。

ただし、その際に、残り少なくなった肝臓ハーブティーが切れちゃったらどうしよう・・・と思っていたところに、近所の御茶屋さんでみつけた、まるごとのはと麦茶に惹かれ・・・はと麦茶がいろいろと解毒を手伝ってくれたように思う。(きっと、西洋バーブだけが解毒作用のあるお茶ってわけじゃないと思って試してみた)


あ。レバーフラッシュって??
なんのことを言っているか分からないという方は、興味があればこちらをどうぞ。かなりキョーレツですが。


4回目。
もうかなりシリアスさにも欠け、土曜の午後も、ついつい何か食べよーなんて思ってしまうほど・・・
まずいエプソン水にも慣れてきて(笑)かなり普通に飲める。(調合まちがってる?って思うくらい)
それでも、最後の一杯は「よし、いくぞっ」という気合が必要だけど。

そして今回は、ちょっとルーズにしてみました。
腸の洗浄を当日の夜、グレープフルーツとオリーブオイルのミックスを飲む前にのみするという風に。
多分、週末だけでリバーフラッシュしてる人はこういう風にするんだろうし、洗浄そのものもしないかもしれないから・・・と。

普通にお通じのある私は、エプソン水だけでは下すことも無く、9時ごろに水エネマをしてみました。
やっぱり汚れてるのね・・・本にもあったけど、水エネマを引き金に、エプソン水の下し効果を体験しました。おまけに、翌朝も2回目くらいまで、結構残っていた便(といってもほぼ水様)が出たので、やっぱりレバーフラッシュする際には、3日前くらいに、水エネマで一旦腸をきれいにしておくべきだなと実感。

オイルとグレープフルーツのミックスも、前回同様、うん、おいしいやんー。と思えるくらい余裕。
しかも、特に一回目にはあったオイルのにおいのげっぷ・・・というのも無くて、スムーズに寝られました。
ただし、3時半から4時ごろに、管の詰まりを感じて、その時には「やっぱりオイルって気持ちわるー」と思ったので、分かったこと。

要は、胆石があればあるほど、気持ち悪くなる度が上がって、肝臓・胆嚢・腸がきれいであればあるほど、お腹もエプソン水に反応しないし、グレープフルーツ・オイルミックスも何の負担にもならないんだなあーと。

詰まっていた感覚も、すーっと消えて、気持ち悪さもまったくなく朝起きて。
前回同様、胆石が出始めたのは10時ぐらい。

今回は、とっても緑でした。
ビルビリンがちゃんと出てるんだなあー(笑)
最初の頃は、あちこち詰まっていて、ビルビリンも少なかったんじゃないかと思うのです。
(*追記 ホントはビルビリンは黄褐色で、酸化したものが緑だそうです・・・なので、上の一文は勝手な勘違いですね。でもこれって、古いほうが緑ってことなんだろうか?奥に詰まっていたのが後から出ているという意味では、筋が通るけど、謎だ・・・)

そして、今回も210個くらいで全部出たかな?と思ってから、数時間後に第二段で30個くらい出て・・・
その、後から出たほうは、いままでと同じように、微妙に違ってカルシウム化してるので、もしかすると、後で出てくるのが胆嚢からの排泄なのかもしれません。

まあ、何でもいいのだけれど、ヴィジュアライズすると肝臓はかなりスッキリになりました。
もしかすると、まだ腸の中に石が残ってるかもしれないので、今回はさっさとコロサンも服用。


・・で、お待ちかね?の胆石画像は下です。(見たくない人は、これ以上スクロールダウンしないでくださいね。)緑色がきれいでしょ?笑 ちなみに色の薄いほうが後から出たもので、その後やっぱりカルシウム化している感じの色に乾いています。















b0027781_20291484.jpg
[PR]
by nu2meg | 2010-03-07 20:29 | ディトックス

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧